メインイメージ

廃車買取時の代行手続き

廃車買取時の代行手続き

もう乗れなくなった車を廃車にする際には多くの人が手続きに手間がかかり且つ多くの費用がかかると思っていますが、実際には廃車を買取してもらうことが可能な場合が多々あります。廃車というのは車をスクラップにすることではなく、抹消登録のことを指します。

基本的には廃車は専門とするスクラップ業者が行いますが、ディーラーや車買取業者に依頼する人が非常に多く、そうなると意味もなく仲介業者を経由したことになるので本来なら払わなくてもすむ手数料を払わなければならなくなったり、相手も商売なので多くの利益を生み出そうとして多くの費用がかかることがあります。

廃車をする際には基本的に専門として手がける業者に一任するのがかしこい選択肢といえます。近くにそのような業者がなかった場合や少しでも手間を省きたい場合にはディーラーにお願いするという選択肢ももちろんあります。

ひと言に廃車といっても実態は様々で、まず車の状態によって費用がかかるか、もしくは逆に買い取ってもらえるかなどに大きな影響を及ぼします。具体的には車検が切れている、もしくは事故や災害などで公道を走れるような状態ではない場合には引き取ってもらうわなければなりません。

この際に発生する運搬手数料は特に大きく基本的に1万円から多いときには4万円程度かかる場合もあります。そして忘れてはならないのが各種代行手続きです。

主に抹消登録の際にかかる書類手続きの代行をさします。

無論自分で全ての手続きを行うことも可能で、その際には手数料が一切発生しないものの、素人がやるには多くの手間や知識、そして準備すべき書類も増えますので多くの方は業者に一任します。

忘れてはならないのが自動車リサイクル法です。これは2005年より施行された比較的新しい車に関係する法律で、自動車の所有者に対して廃車の際に生じるお金を負担させるものです。

これは法律によって制定されているものなのでどのような事態であっても免除されることはありません。法律が施行される前ではこれらのお金がかからないため、多くの自動車は廃車の際により高い値段で買取してもらっていました。

しかしながらスクラップ後の自動車には金属類をはじめ、エンジンなどの有価物として取引可能な部品が多く含まれているものの、逆に有価物にならないどころか処理するのに費用が必要な部品なども多く含まれているため、不法投棄の原因になっていました。これを阻止するために制定されたのが自動車リサイクル法で、現在8,000円~20,000円程度の費用が必要です。